土の風合いを活かした、ほっとやすらぐような器を

土はすべて同じものを使い、独自配合の釉薬で変化をつけています。夏の風物詩とされる蚊やり豚もかれこれ20年に渡って作られています。「ただの白いだけの蚊やりでは面白くない。ちょっと遊び心を加えたい」と、毎年新作が登場しています。

備前風ポット

白釉土瓶

蚊やり豚 金魚/とんぼ/がんばれニッポン

土瓶蒸し

納豆鉢/いろいろ皿

フクロウ型蚊やり

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます