「使って楽しい、作っておいしい鍋」、
それが白峯陶器らしい鍋の提案です

ビビンバ鍋は、多くの方から好評を頂いているヒット商品。開発当時、巷は韓国ブームの真っただ中。半年以上の試作や研究を重ねて生まれた鍋です。その後のイタリアンブームやラーメンブーム等、時代を牽引する形で鍋を作ってきました。また鍋とは別で、熊本真弓さんが手掛ける盛り絵の技術は、萬古焼の伝統技術と芸術性を感じさせてくれます。

芸術性の高い盛り絵

萬古急須に施された盛り絵

桜の盛り絵(大皿)

ラーメン鍋

ピザ窯「ピッツェリア」
石窯で焼いたようなカリッとした焼き上がりに

ビビンバ鍋
韓国の石鍋からヒントを得てうまれた鍋。

陶板、溶岩風 焼き肉プレート(ふた付き陶板)

セラクッカー
耐熱陶器製のダッチオーブン。鋳鉄製のものより使いやすくアウトドア以外でも大活躍。

スロークッカー
内側の鍋(陶器製)を白峯陶器が製作。すでにヒット商品になっている。

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます

親子2代、技術を受け継ぎつつ新しいことにも挑んでいます。工房は整然とした中にも温かな雰囲気が漂っています。

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます



ローラーマシン(加熱した回転ゴテを使って短時間で成型できる)を使っているため、時間や労力を省いて大量生産にも対応できます。ただ、マシンといっても土の状態によって微調整が必要で、そこはあくまでも人の感覚と技術が求められます。

※ 写真をクリックすると拡大写真が表示されます