萬古焼について

現在、紫泥急須や土鍋がその代表とされる「萬古焼」。その発祥は江戸時代の中期(1736〜41)、桑名の豪商・沼波弄山【ぬなみろうざん】が鎖国という閉ざされた時代であったが故に思い抱く、海の向こうの世界を空想で描いた異国的な陶器でありました。後世に受け継がれ永続することを願い、弄山自身が名付けました。焼き方にも形にもとらわれない自由な発想から生まれた焼き物、「萬古の印があることがいちばんの特徴」と言われるほど形は多彩。現在では、四日市市と菰野町を中心に窯元数は100社以上にのぼります。

土鍋は萬古焼の代表する商品です。生産高は国内の80〜90%近くを占めています。街中で見られる国産品土鍋のほとんどが、萬古焼と言っても過言ではないでしょう。近年は、大きさや形状も様々に増え、商品目を上げれば、陶板・タジン鍋・ごはん釜・炭コンロ等、多彩な商品が開発されています。特に高度な技術を使った電磁調理器具用のIH土鍋の開発も盛んです。

大きな特徴として、萬古焼土鍋はその陶土にあります。耐熱性に特にすぐれガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、高度の耐久性を発揮します。それは陶土原料に含まれるリチゥム鉱石の働きによるもので、この鉱石が陶土中に約40%前後の含有が有るために直火にかけたり空焚きに対しても耐える十二分に耐える商品が開発できるのです。

急須もまた、土鍋と並び萬古焼を代表する商品の一つです。使えば使うほどに味わいと光沢を増すと言われています。特に昭和53年に伝統的工芸品に国より指定された四日市萬古焼急須のシンボルは紫泥の急須です。鉄分を含む地元の赤土粘土を使用し還元焼成を行い、釉薬をかけない焼き締まった色は緑茶によくマッチします。生産量全国3位を誇る地元の伊勢茶と萬古焼急須との取り合わせは、まさにあ・うんの呼吸です。

萬古焼で食の器が一般的に登場したのは、明治後期(1911年頃)に水谷寅次郎が半磁器の製造技術を開発したことにより、近代産業として発展する礎を築いた頃です。半磁器とはわかりやすく言えば土生地の半分は磁器土(石)、半分は陶土(土)なのです。その特徴は土味があって温かみが感じられ、大きな物の成形に適していて、かつ磁器よりも低い温度(1,180℃前後)で焼成でき、なおかつ下絵付けの発色が良いことです。翌年大正(1912年)となったことを記念して「大正焼」と命名されました。半磁器の出現により萬古焼の食器の生産は飛躍的に伸び、四日市港からの輸出も増大し、全国有数の陶磁器産地として育ってきました。現在では、商品目もありとあらゆるテーブルウェアーに増え、日本全国はもちろん海外にもその市場を広げています。

萬古焼をもっと詳しく知りたい人は…

四日市萬古焼読本ご覧下さい。

ダウンロード(12.3M)

メインコンテンツ

ピックアップ

  • 萬古の花器

ソーシャルコンテンツ