組合について

理事長挨拶

この度は萬古陶磁器工業協同組合ホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

萬古陶磁器工業協同組合は、三重県四日市市・菰野町中心に古くから地域産業として発展してきました萬古焼の窯元(製造メーカー)によって構成された協同組合です。

現在、萬古焼は日本国内はもちろんのこと、広くは海外へも急須や土鍋を中心として作陶製品をご提供する陶磁器の一大産地へと成長してまいりました。皆様から親しまれております萬古焼土鍋やごはん釜の生産高は、国内シェアーの70%以上を占める程の人気商品として成長してまいりました。

この萬古焼土鍋の特徴は、陶土原料に低膨張の鉱石を使用しているため、直火で空焚きしても丈夫い優れた品質がお客様に高く評価され、耐熱土鍋では国内ナンバーワンブランドとしての地位と人気をいただいており、昨今では、流通市場で人気のごはん釜や陶板、次世代のIH土鍋等の耐熱機能食器も次々と開発販売され、お客様の食卓に彩りをご提供しているものと自負しております。

今後は当組合といたしましても、さらに多様化するお客様のニーズに、積極的にお応えするため、組合員一同が日々精進努力いたします。伝統の中にあっても伝統にとらわれすぎない、決して伝統守る事だけはしない産業としてより良い製品の開発研究に全力を挙げ、サスティナブルな産業としての『萬古不易』の精神(持続可能を目指す精神)を伝承し、新しい伝統をこれからも創り続けて参ります。

また来る2018年は萬古焼の陶祖『沼波弄山』の生誕300年を迎えます。300年間産業として営みを出来ましたことは、当に萬古焼をご愛顧してくださった皆様のおかげであり組合員一同心より感謝申し上げる次第でございます。今後とも萬古焼製品の更なるご愛顧を賜り、萬古焼を通して400年目・500年目とその節目を未来の皆様と共に迎えることが出来ますよう心より願っております。ありがとうございます。

萬古陶磁器工業恊同組合
理事長 藤井 健司

組合概要

名称 萬古陶磁器工業協同組合
所在地 〒510-0032 三重県四日市市京町2番13号
地区 三重県(主に四日市市、三重県菰野町、桑名市)
組合員数 72人
出資金 26,480,000円
事務局 職員2名
事業内容 1. 技術及び新分野の開拓に関する事業
2. 業界活性化に関する事業
3. 情報社会に対応する事業
4. 国内向陶磁器の意匠保護に関する事業
5. 輸出の振興、国際交流事業
6. 労働対策に関する事業
7. 人材の育成に関する事業
8. 共同施設及び組合運営事業
9. 資金対策に関する事業
10.諸機関との交渉ならびに協力に関する事業
11.その他の措置に関する事項

アクセス

萬古陶磁器工業恊同組合 〒510-0032 三重県四日市市京町2番13号%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.977629,136.627235+(%E8%90%AC%E5%8F%A4%E9%99%B6%E7%A3%81%E5%99%A8%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88%20%E3%80%92510-0032%20%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82%E5%B8%82%E4%BA%AC%E7%94%BA2%E7%95%AA13%E5%8F%B7)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%34.977629%%136.627235%%16

〒510-0032 三重県四日市市京町2番13号

■TEL:
(059)331-7146(代表)
 ■FAX:
(059)331-8263
 ■e-mail:
banko-cm@m5.cty-net.ne.jp

メインコンテンツ

ピックアップ

  • 萬古の花器

ソーシャルコンテンツ